当研究室ホームページをたずねてくれた学生・若手研究者のみなさんへ

医化学研究室に興味を持ってくれて、どうもありがとうございます。当研究室の特徴のひとつは、炎症・アレルギー疾患のメカニズム解明を目指し、分子生物学・生化学的手法を用いた解析に取り組んでいる点にあります。モデルマウス個体内での遺伝子操作や、インビボイメージング技術などの最新技術を導入して未来の医学を切り拓く研究を目指しています。新しいラボスペースに新規の研究機器をそろえ、研究マインドをもつ臨床医や研究者としてのキャリアを目指す若手には理想的な環境だと考えます。隣接する大学病院の臨床系教室や薬学部教室との共同研究も進んでいます。もちろん実験・研究初心者の課題研究学生の皆さんには、医化学のスタッフが基本から親切丁寧に指導します。課題研究から継続して実験に取り組み、学会発表する先輩もいます。もちろん東医体等をめざした課外活動を継続することも可能です。講義では伝わらなかった基礎医学研究の面白さも経験できますし、将来、学位(医学博士)を目指す際の基礎的経験になると思います。ぜひ医化学研究室で充実した時を過ごして、みなさんそれぞれの未来予想図を描いてください。