Research Project

GATA factors in allergy, inflammation, infection immunity

私たちの研究室では遺伝子組み換えマウスを使って、炎症・アレルギー・感染免疫のメカニズムを研究しています。特にGATA因子と呼ばれる転写制御因子(GATA1-3)に焦点をあてて研究を進めています。GATA因子は多様な生理機能を持っていますが、その機能障害が様々な血液・免疫系疾患と関連することが明らかになってきました。一方、私たちの研究からGATA因子の機能を抑制することで炎症・アレルギー疾患を治療できることもわかってきました。私たちは炎症・アレルギー・感染免疫の領域でGATA因子の機能を詳細に明らかにすることにより、これまでに知られていなかった病態生理の制御メカニズム解明や、新しい治療法の開発を目指して研究を進めています。