PUBLICATION

EVENTS

cdb-galleryh-1.jpg

Nov 4, 2021

アメリカ・ミシガン大学との共同研究でLSD1(リジン特異的脱メチル化酵素1)の赤血球分化過程での機能を明らかにした論文がBlood誌に掲載されました。

doi: 10.1182/blood.2021011682.

IMG_2030.jpg

July 29, 2021

GATA2ヘテロ変異マウスは細菌性腹膜炎が重症化しやすいということを明らかにした論文がiScience 誌に掲載されました。*筆頭著者の高井助教(左)と、共にガンバった島田くん(右;医学部6年)。

IMG_1376.jpg

Apr 17, 2021

リンパ管損傷後の再疎通過程でGATA2が重要な機能を担うことを明らかにした論文がGenes to cells 誌に掲載されました。

SA review figure final GAのコピー.png

Mar 15, 2021

交感神経-副腎髄質系と腎泌尿器系の正常発生と発ガン過程でのGATA因子の機能に関してこれまでの報告をまとめた総説がbiomedicines誌に掲載されました。

Aug, 2021

内耳.png

当研究室で開発した内耳特異的にCre組み換え酵素を発現するトランスジェニックマウスが、理研BRCのMouse of the Monthに選ばれました。

May, 2021

血液内科5月号.png

高井助教と血液リウマチ科の城田祐子准教授による転写因子GATA2の遺伝子変異に伴う免疫不全症に関する総説が血液内科誌に掲載されました。